梱包

従来、梱包の唯一の役割とは荷物を保護することでした。現代の流通では自動保管や機械による取り扱いなど、他にも考慮すべきことがあります。また、デザイナーは最も経済的な梱包方法を模索するにあたり、さまざまな輸送方法の制約も考慮する必要があります。
危険物と生きた動物の場合を除き、航空貨物輸送の梱包方法に標準的な指示はありません。梱包要件は、商品、機種、気象条件、出発国および目的地のある国の規制によって異なります。

梱包には、汚れや破損がなく、以前の紛らわしい荷印の表示がないようにする必要があります。フライト中の梱包に求められることはあまりありません。空の旅はスムーズで、貨物室は与圧および加熱されます。頑丈な梱包は、空港への陸上輸送および空港から荷受人への陸上輸送に必要とされることが多いです。

航空輸送の性質により、通常の陸上輸送と比べると梱包は軽めで料金が安くなる場合が多いです。木材、段ボール、金属といった多くの従来の梱包材に代わり、現代の軽くて丈夫な梱包材を使用できます。

詳細情報は、お近くのセールス/予約担当者にお問い合わせください。